糖尿病と睡眠

a0001_014075

最適な時間帯に、寝床についている状態なのに、まったく眠くならず、これによって、昼間の生活の質が下がってしまう時に、糖尿病だと言われることになります。
唐突に足の親指などの関節が赤くなって、針に刺されるような痛みを伴う痛風は、男性の方が陥ることの多い疾病だと聞いています。発作が現れますと、数日間は歩くことも困難なほどの痛みが続くらしいです。
生活習慣病と言ったら、糖尿病または肥満などとして認知され、従来は成人病と呼ばれていたのです。過食、飲酒など、どちらにしても毎日の生活習慣が結構関係していると指摘されています。
糖尿病ではと疑うのなら、早期に医者にかかることが大切だと思います。治療そのものは長引くものではないので、通常とは違った鼻水が出るなど、変だと思ったら、大急ぎで病院に行った方が良いです。
インフルエンザウイルスに冒されることにより、罹ってしまう病気がインフルエンザであります。関節痛や頭痛、高熱が続くなど、多くの症状が予定外に発生することになるのです。
現時点では、膠原病が遺伝することはないと判断されており、遺伝だと断言できるものも見つけられてはいないのです。ところが、生まれつき膠原病に陥りやすい方が見られるというのも事実なのです。
物が歪に見えてしまう白内障または加齢黄斑変性など、概ね年を取ることが原因になる目の病気はたくさんあるわけですが、女の人達に少なくないのが血糖値眼症なのです。
血糖値関係の疾病は、男女の罹患率が大きく違うことで有名で、女性から見ると、バセドウ病などは男性の5倍前後だと言われています。そういう背景から、血糖値眼症に関しましても女性に気を付けていただきたい疾病だと考えられます。
笑っていると副交感神経の働きが良くなり、ストレスホルモンの分泌が悪くなるので、脳の温度が下落します。代わりに、ストレスが多くなると交感神経の機能が亢進し、脳の温度が上昇すると言われます。
糖尿病患者さん向けの薬等々に包含される抗ヒスタミン成分は、くしゃみあるいは鼻水は沈静してくれますが、眠気を催すので注意が必要です。こんな風に、薬には副作用が見られるのです。
急性腎不全につきましては、効果のある治療をやって、腎臓の機能をパワーダウンさせた主因を排することが実現できれば、腎臓の機能も復元することもあり得ます。
立ちくらみと言いますのは、酷い時は、ぶっ倒れてしまう場合もあり得る安心できない症状らしいです。何度も陥るという場合は、ヤバイ病気に冒されている可能性もあるということを知っておいてください。
大多数の人が、疲れ目などの目のトラブルを抱えています。且つスマホなどが引き金となって、この傾向が従来より顕著なものになってきました。
高血圧であろうと、自覚症状はほぼありません。だけども、高血圧状態が長期化してしまうと、その影響が大きい血管ないしは臓器には、多様な合併症が齎されます。
肺などにマズイ病状が確認できない時でも、胸痛が発生することもあり、胸痛はマズイという想いから、尚の事症状がエスカレートすることがあると聞きました。

糖尿病の患者は皆がインスリン注射の必要があるの?

インスリン注射って糖尿病の患者さん皆がしているイメージがありますが、
必はそうでもないんです。
糖尿病には種類があってインスリン注射を必要としていない人もいます。
その差はなんでしょうか?
気になるインスリン注射についてまとめてみました。

糖尿病の人が皆受けるの?

糖尿病になると皆がインスリン注射を受けないといけないイメージもありますが、実はそうではないんです。
糖尿病には、「1型糖尿病」と「2型糖尿病」があり、1型糖尿病は子供や若い方にも発症するもので、ウイルスの感染なども原因になります。
1型糖尿病の場合はインスリン注射が必要になりますが、2型糖尿病の場合は成人病などが原因になるため基本的には飲み薬などで対応できますが、症状が酷くなるとインスリン注射が必要になるケースもあります。

インスリン注射ってどんな注射?

インスリン注射は、体内の「インスリン」と言う「血糖」をコントロールするホルモンが上手に作れない人が身体の外からインスリンを入れるために行うものです。
一般的には細いペンのような形をした注射を決まった時間に刺すようになります。
カートリッジのように取り換えて使うものと使い捨ての物があり、種類もさまざまあるので主治医との相談で自分に合った物を使用するようになります。

インスリン注射って大変なの?

インスリン注射は腹部打っているイメージもありますが、それは腹部からの注射が1番吸収率が高いからなんです。
でもその他にも、「太もも」「腕」「お尻」からも注射は可能なので、ご自分の楽な箇所に打つ事が出来ます。
回数は注射の種類によっても変わりますが、1日に2回~4回程度打つ必要があります。
効果は1時間~最大5時間程度で消えてしまうため1日数回の注射を行わないといけないのです。
お子さんが注射をする時に1番気になるのが痛みですが、最近の注射は昔の物と違って痛みもほとんどない場合が多く、お子さんでも自分で
注射をしています。

糖尿病の患者さんの全てがインスリン注射をしなければならない訳ではありませんが、糖尿病になるとインスリン注射に頼らなければならない可能性が高くなるのも事実です。
日頃から血糖値に気を付けて生活する事も大切ですね。

2型糖尿病の原因にもなるインスリン抵抗性ってなに?

多くの日本人も患っている「糖尿病」には「1型糖尿病」と「2型糖尿病」が
ある事は広く知られています。
1型糖尿病は自己免疫機能が原因で、インスリン注射などの治療が必要になります。
2型糖尿病の場合は「インスリン抵抗性」と呼ばれる症状が発病を引き起こす原因の1つと言われているんです。
初めて聞く方も多いこの「インスリン抵抗性」についてまとめてみました。

インスリン抵抗性ってどんな症状なの?

そもそもインスリンとは、膵臓から分泌されるホルモンの1種で、インスリンによって血液の中に含まれる「ブドウ糖」である「血糖」を上手にコントロールする大事な働きがあります。
インスリン抵抗性とは、せっかく膵臓がインスリンを分泌しているにも関わらず、肝臓や筋肉が血糖を受け入れなくなってしまって「血糖値」を下げる事が出来なくなってしまうのです。
それが原因となって「2型糖尿病」を発病してしまうため放ってはおけない症状と言えます。

インスリン抵抗性が起こる原因は?

なぜこのインスリン抵抗性は起きてしまうのでしょうか?
実は、まだハッキリと解明されていませんが、インスリンの働きを邪魔する物質が増えてインスリンの情報が上手く伝達出来ない事が原因などいろいろ示唆されていますが、
それもよく分からないのが現状なんです。
しかしながら、主な原因として
・遺伝
・運動不足
・食生活
・ストレス
・加齢
・肥満
が挙げられているんです。
特に肥満の影響はかなり高いとされ、早めの改善が糖尿病の予防へ繋がるのです。

インスリン抵抗性の治療法はあるの?

肥満が大きな原因とされているため、1番の治療法は肥満を解消する事です。
そのためには、
・食生活の改善
・適切な運動、エクササイズ
を中心とした治療を行って改善を図るのが有効なんです。
その他にも専用の治療薬などもありますので、心配なら専門医やかかりつけの医療機関に相談する事をお勧めします。

糖尿病は発病すると大変厄介な病気ですので、2型糖尿病のように予防できるものは普段の生活を見直して発病させない事が1番です。
メタボリックシンドロームかもしれないなど思い当たる方はすぐにでも改善して糖尿病のリスクを減らしてみて下さい。

知っているようで知らないインスリン!コレって一体何なの?

a0001_014059

インスリンまたは、インシュリンって良く聞く言葉ですが、これってなんだか分かりますか?
「糖尿病と何か関係ある」と言う事は少しわかりますが、周りに糖尿病の方でもいない限りいまいちピンとこないですよね。
ご自分やご家族のためにも知っていて損はないインスリンについてまとめてみました。

インスリンってそもそも何なの?

実はインスリンは「ホルモン」の一種なんです。
膵臓に存在する「ランゲルハンス島」と呼ばれる組織のβ細胞で作られています。
私たちが食事を取ると血液の中のブドウ糖である「血糖」の量が増えてその後2時間くらいで再び減少していくのですが、その血糖をβ細胞が見つけて「インスリン」を分泌するんです。
分泌されたインスリンが血糖を処理する事で血糖値を下げる役割をしてくれるんです。
つまりインスリンが分泌される事で上がってしまった血糖を下げてコントロールしている訳なんです。

糖尿病とインスリンの関係

インスリンが上手く作れないと私たちの身体はどうなると思いますか?
インスリンのおかげで血糖値を下げられるので、これが不可能になると血糖値は上がりっぱなしと言う状態になってしまいます。
この状態を「高血糖」と呼び、これが「糖尿病」なんです。
最近では私たちの食生活が乱れたり、欧米化しているのが原因で糖尿病を発症する患者さんの数が増加していると言われています。

あなたも糖尿病になる前に血糖値を調べておいたほうがいいですよ。
血糖値の正常値についてはこんなサイトがありますので今すぐチェックです。
危険!血糖値の正常値を今すぐチェック!【下げる方法マニュアル】

インスリンを増やす方法はあるの?

ではインスリンの分泌量を増やす方法はあるのでしょうか?
血糖値が高めと健康診断で結果が出たり、医師に指摘された方は
「メタボリックシンドローム」である場合が大変多いのですが、
いち早くその対策をしないと糖尿病のリスクが高くなってしまいます。
現にメタボの方は糖尿病にかかる確率はそうでない方よりも高い事が証明されています。
そこでそうならないためにも自分で出来る事としては「内臓脂肪を減らす」のが1番なんです。
過度なダイエットは絶対にお勧めできませんが、まず生活習慣を見直して内臓脂肪を減らして「メタボ」を解消する必要があります。
血糖値を下げる飲み物などを取り入れながら運動を習慣化して、内臓脂肪を減らしあましょう。

身体の中で重要な仕事をしてくれるインスリンを正常に分泌して、糖尿病を予防して
健康的な生活を心掛けてみて下さい。

インスリン注射って危なくないの?知らなきゃ怖い!インスリン注射の副作用のお話

「1型糖尿病」と呼ばれる、自己免疫機能が原因で発症する糖尿病の場合は、
患者さんは「インスリン注射」を毎日数回行う必要があります。
お子さんが掛かるケースも非常に多く、「小児糖尿病」と呼ばれる事もあります。

インスリン注射などで治療を行う場合、1番気になるのは「副作用」の心配ではありませんか?
ただでさえ命に関わり兼ねない病気で副作用の心配があれば不安は倍増してしまいます。
「なんで副作用が起こるのか」
「もし副作用が起きたらどうなるのか」
など気になる事をまとめてみました。

インスリンの副作用は低血糖!

まず、インスリンによって私たちは「血糖」をコントロールしています。
血糖値は食後などに上がりますが、これをエネルギーなどに変えて処理し、血糖値を下げるのがインスリンの役割です。
しかし副作用として、血糖値が下がり続けて「低血糖」と言う症状を引き起こしてしまうんです。
この低血糖になってしまう原因としては
・食事の量が足りない
・食事の時間の遅れ
・運動のし過ぎ、激しい運動
・空腹の時間が長時間続く
などが挙げられてこのような状況では注意が必要なんです。

また、主な症状には
・手足のしびれ
・動悸
・冷や汗
・めまい
・酷い空腹感
・意識の消失
などがあります。

もし副作用が起こったらどうするの?

もし副作用の症状が表れたらどうすれば良いのでしょうか?
低血糖は血糖値が以上に下がっている状態なので、簡単に言えば血糖値を上げてあげる必要があります。
・ブドウ糖
・砂糖
・アメ
・ジュース
などを口に入れて症状を治めるのが最善の方法なんです。
しかしながら、口に入れる量など難しいケースもあるので、
患者さんの中には主治医に相談して必要な量のブドウ糖を処方してもらっている方もいます。

とにかく症状が出たら慌てないで冷静に対処するようにしましょう。

インスリンでアレルギーが起こる!

中にはインスリンそのものでアレルギー反応を起こす場合もあるんです。
そんな時は無理せずに主治医に相談して、その他の製剤に変えてもらうなどの対策を取る事をお勧めします。

残念ながら絶対に副作用が起こらないとは言い切れませんので、もしそうなった時に
どうすれば良いのかなど対処法を頭に入れておく事が大事です。

「インスリンがアルツハイマー病の原因になる!

インスリンとは膵臓から分泌されるホルモンの1種であり、血糖(ブドウ糖)をコントロールして、食後などの影響で上がった血糖値を下げる効果を持つ非常に大事な働きをする存在です。
そのコントロールが効かなくなって血糖値が下がらなくなると「糖尿病」を発症するリスクが高まるとされています。
そのインスリンが実は、アルツハイマー型認知症の発症のリスクを上げる事になり兼ねない事が分かっているんです。
気になるその関係をまとめてみました。

インスリンの増加とアルツハイマー病の関係

そもそもアルツハイマー型の認知症とは、脳内に「アミロイドβ」と言う不要な物質が溜まり続けて脳が萎縮するのが大きな原因とされています。
そのアミロイドβを分解する役割があるのが「インスリン分解酵素」なんです。
通常であればインスリン分解酵素のおかげでアミロイドβは蓄積される心配はありませんが、血液中のインスリンが増加するとアミロイドβが段々と増えてきてしまうのです。
体内のインスリンが増える原因になるのが
・2型糖尿病
・肥満
・運動不足
と言われています。
つまり2型糖尿病の方とメタボリックシンドロームのような糖尿病の予備軍とされている方は、そうでない方よりもアルツハイマー型認知症を引き起こすリスクが高くなるんです。

アルツハイマー型認知症を避けるための方法!

インスリンの増加によるアルツハイマー型認知症を予防する方法をご紹介します。
・適度な運動
運動するとアミロイドβが溜まるのを防ぐ効果があり、更にはインスリン分解酵素を活発にする作用があるので、無理のない程度に運動を心掛けてみて下さい。

・昼寝の習慣
睡眠不足はアミロイドβを溜め込む原因になりますので、「1日30分以内」を目安に睡眠の習慣を作るようにして下さい。

インスリン不足も初期のアルツハイマー型認知症の原因だった!

初期のアルツハイマー型認知症の原因として脳内のインスリン量の低下が挙げられています。
これは糖尿病を患っていない方でも可能性があるので、誰しも注意が必要です。
そこで「経鼻インスリン治療」とも呼ばれる治療方法が注目されているんです。
脳内だけがインスリン不足を起こしているので、糖尿病患者出ない場合は体全体にインスリンが行き渡ると「低血糖」の状態になってしまうため、脳の中だけにインスリンを届けてあげなければならないのです。
ですから鼻の粘膜から脳内の血流にインスリンを届ける事が可能な治療法である「経鼻インスリン治療」が有効なんです。
アメリカで行われた実験では、軽い認知症の患者に低用量のインスリンの鼻スプレー治療を続けていたところ、物語の内容を20分経過した後も覚えていたと言う結果もあるくらい有効性が証明されています。
ですから決定的な治療法のないとされるアルツハイマー型認知症のこれからの治療に非常に期待が集まっているのです。
インスリンは増加しても低下してもアルツハイマー型認知症を引き起こすくらい密接に関わっています。
まず自分で出来るのは、日頃から正しい生活習慣を心掛けて血糖値を正常に保ってアルツハイマー型認知症を予防しましょう。

1種類じゃなかった!5種類もあるインスリン製剤まとめ

a0001_014075

糖尿病の治療方法としてよく知られている「インスリン注射」ですが、
ご自身が糖尿病の患者であったり、ご家族に糖尿病を患っている方など実際に身近に感じていなければインスリンって1種類だけしかないと思われるかもしれませんね。
実は、インスリンにはいくつかの種類があるんです。
患者さんの状態に合わせて処方されるインスリン注射に用いられる「インスリン製剤」の種類についてまとめてみました。

インスリン製剤にもいろいろ種類がある

インスリン製剤には患者さんの病状はもちろんですが、合併症や更には
生活習慣などまで精査して1番合った物が選ばれるようになっています。
種類によって注射を打つ回数も違うため、どれを使うかによっていろいろ
変わってくるのです。

覚えておこう!インスリン製剤の種類は5種類ある

その種類は5種類あって
・超即効型
・即効型
・中間型
・混合型
・持効型
に分かれています。

これらの製剤がそれぞれ何か違うのかと言うと、主に持続する時間に差があるんです。
名前の通りで非常に分かりやすいのですが、改めてその5種類の効果の持続性などをご紹介します。

○超即速効型インスリン
超即効型はその名の通りかなり早い段階で効果が表れる製剤です。
食事の直前に投与してからおよそ10分~20分程度で効きめが表れ、その後3時間から5時間効果が持続します。

○速効型インスリン
食事のおよそ30分前に投与してだいたい30分~1時間程度で効果が表れてきます。
筋肉や静脈にも注射する事が出来て「レギュラーインスリン」と言う別名もあります。
効果は5時間~8時間持つので超即効型より効き目は長いのです。

○中間型インスリン
中間型は朝食の前の30分以内、または朝食前に投与します。
効果が表れまで1時間~3時間を要しますが、その効果は18時間から24時間程度も持ちますが、効果の持続時間が短い場合は1日に2回投与する、1回の投与の量を変えるなど調整まで可能なんです。

○混合型インスリン
超速効型、速効型、中間型を合わせて作ったインスリンが混合型インスリンです。
これらの特性を合わせているので、効果が表れるまでは10分~20分と超速効型インスリンと同等で、効果の持続時間は18時間~24時間と中間型インスリンと同じくらい持ちます。
投与するタイミングは「朝食前と夕食前の30分以内」「朝食直前」
「朝食直前・夕食直前」
など少し難しいため、食事の時間などが毎日ほぼ決まっている方には良いですが、そうでない方には少し大変な場合もあります。

○持効型インスリン
1日効果が持続するくらい持続性が高いのが持効型インスリンなんです。
効果が出るまでは1時間~2時間かかります。
「朝食前」「夕食前」「朝食前・夕食前」「朝食前・就寝前」と1日に1回~2回を目安に
ある程度自分の生活習慣などに合わせて投与する事が可能です。
インスリン注射のお世話にならずに過ごす事が1番の目標ですが、
糖尿病にならないとは誰も言い切れません。
予備知識は役に立つ事もあるので、頭の片隅でも入れておいて下さい。

糖尿病の初めの段階

a0001_014075

胸が圧迫されるような症状は言うまでもなく、息切れの経験があるとしましたら、「心不全」である可能性もあります。今直ぐ処置をすべき病気に属します。
喘息と申しますと、子ども対象の病気だと考えているかも知れないですが、今では、大きくなってから罹る事例が増加傾向にあり、30年前と比べてみると、実は3倍に増加しているわけです。
肺や心臓などに深刻な不調が見受けられない時でも、胸痛に襲われることがあり、胸痛は大変だという一般論から、一段と症状が激しさを増すことがあると聞いています。
ガンという病気に関しては、人の体のいたるところに生まれる可能性があると考えられます。肺や大腸といった内臓だけに限らず、血液とか皮膚などにできるガンも見られます。
健康診断を行なって、動脈硬化に冒されるファクターが見られるのか見られないのかをはっきりさせ、動脈硬化になることを示す素因があるということであれば、ためらうことなく毎日の生活を再検証し、正常化するように意識してください。
アルコールに起因する肝障害は、突如として誕生するものではないとのことです。ところが、何年にも亘りいっぱい酒を飲んでいるという場合、その量に匹敵するかのように、肝臓はダメージを受けるとのことです。
うつ病に罹患しているのか否かは、そんなに簡単には見定めることができません。暫定的な心の落ち込みや、重労働からもたらされる倦怠状態を見ただけで、うつ病に違いないと裁定を下すなんてできません。
体内に入れる薬が元々備えている特性や、患者さんの身体的特徴が災いして、正常に使っても副作用が起きることがあると言われます。加えて、予想できない副作用に悩まされる事だって結構あるものなのです。
疲労については、痛みと発熱と合わせて、身体の三大警告などと呼ばれており、諸々の病気で見受けられる症状です。そういうわけで、疲労が伴われる病気は、100以上にはなると考えられます。
急性腎不全に関しては、効き目のある治療を受けて、腎臓の機能をレベルダウンさせた素因を除くことができるというなら、腎臓の機能も復元するのではないでしょうか?
本当のことを言うと案外と知られていないのですが、ぜんそくを放ったらかしにできないのは、生命を失ってしまうリスクのある病だからです。例年、およそ2000人の人が、ぜんそくの発作で命を落としていると言われます。
糖尿病の初めの段階で見受けられる症状が、手足の震えのようです。並びに、筋肉のこわばりとか発声障害などに陥ることもあると言われています。
エクササイズなどをしたという状況の中、筋肉に痛みが現れる現象が、筋肉痛です。症状がひどいと、運動に限らず、少し歩くということすら抵抗があるくらいの痛みを感じることがあります。
糖尿病に罹患した場合は、治療直後のリハビリが肝となるのです。いずれにせよ早期にリハビリに向き合うことが、糖尿病を引き起こした後の回復にかなり関係してきます。
糖尿病の中には、インスリンの分泌がほとんどない「1型糖尿病」もあるわけです。こっちは自己免疫疾患のひとつとされており、遺伝的ファクターがかなりの確率で影響を与えているわけです。

糖尿病だからといって諦める必要はないのです。

糖尿病だと思ったら、直ぐに医者に行くことが必要だと言えます。治療は困難ではないので、粘りのある鼻水が見受けられる等、異常を感じたら、できる限り早く医者などに行ってください。
体を動かさず、暴飲暴食気味のみならず、コレステロールの多い御飯が特に好きという人、脂分の多い高カロリーな料理などばかりが食卓に並べられるという人は、脂質異常症になるリスクがあると考えられます。
用いる薬が自然に所有している特色や、患者さんの身体的特質により、間違いなく飲んだとしても副作用が発生することが否定できません。しかも、思いもしない副作用に悩まされる事だってあるわけです。
骨粗しょう症と申しますのは、骨形成をする時にないと困る栄養であるカルシウム・ビタミンDやタンパク質などが充足されていないことや、運動不足または飲酒喫煙などが理由で生じる病気であります。
心臓疾患におきまして、動脈硬化が誘発する虚血性心疾患は、わずかずつ増える傾向にあり、その内の1つの急性心筋梗塞は、約20%の罹患者さんが死亡しているらしいです。
肥満ないしは高血圧など、誰もが聞いたことのある「生活習慣病」は、若い時期から真剣になって手を尽くしていても、あいにくですが加齢に影響されて陥ってしまう事例だって稀ではないそうです。
医療用医薬品については、定められた期日内に使い切ることが重要です。街中で売っている医薬品は、包装に書いている使用期限を確認してください。未開封の状態だと、基本的に使用期限は3~5年くらいだと想定されます。
血糖値にまつわる疾病は、男女の罹患率が全く異なり、女の人からみたら、バセドウ病などは男性の5倍だそうです。そんな訳で、血糖値眼症につきましても女の人が気を付ける対象に入れて欲しい疾病だと言えるでしょう。
胸痛で苦悩している人が現れた時に重要なことは、軽快な行動ではないでしょうか?間髪入れずに救急車をコールし、AEDが近くにあるなら心肺蘇生法にチャレンジするようにして下さい。
スポーツなどをして、気持ちいいくらい汗をかいた場合は、少しの間だけ尿酸値が上がるのが普通です。だからこそ水分をちゃんと補給してやらないと、血中の尿酸濃度が高いままの状態になって、痛風に繋がる可能性があるのです。
糖尿病の中には、インスリン生成が難しい「1型糖尿病」も存在します。この疾病は自己免疫疾患だと想定されており、遺伝的要素がダイレクトに関与しているとされています。
糖尿病については、脳に存在する血管が血栓などで詰まったり、その事で破れたりする疾病の総称ということです。数種類に区分できますが、とりわけ症例が多いのが脳梗塞だそうです。
喘息と聞くと、子どもに発生する疾病というイメージを持っているかもしれませんが、ここ数年は、20歳を大きく超えた後に罹患する例が結構見受けられ、30年前と比べれば、ホントに3倍という数字になっていると聞きます。
うつ病なのか否かは、直ぐには判別できないものなのです。暫定的な気持ちの上での落ち込みや、過労が原因の放心状態のみで、うつ病に間違いないと判定することは難しいですね。
薬ってやつは、病気の諸症状を落ち着かせたり、その原因を取り去ることで、自然治癒力を活性化させます。この他には、病気の拡散対策などのために供与されることもあります。